SNS 萩恋う日日 未分類
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

MissionⅠその2 松陰先生が下田で過ごした日

2010.04.19 (Mon)

東京は、昨日今日と、やっと晴れました。
今日は、まっ白いシャツで出勤の夏みかんです

さて、先日途中までご報告した「MissionⅠ」。
今日はその続きです。



浦賀、そして長崎でも、
ペリー艦隊とすれ違ってしまった松陰先生は、
“3度目の正直”で、下田に停泊中のポーハタン号に乗り込むべく
嘉永7年(1854年)3月5日に江戸を発ち、
18日、伊豆半島にやってきます。

当時皮膚病を患っていた松蔭先生は、
下田のちょっと手前の蓮台寺温泉
(現在の伊豆急下田駅のひとつ手前「蓮台寺」駅付近)
の共同湯(上の湯)で、湯治も兼ねて
夜を明かそうとしていたのだそうです。

その温泉がこちら!

松陰下田3

共同湯は、そのままに現在も街の方々が使っていて、
視察の日も、石鹸の香りと共に、
おじさん達の楽しげな会話が漏れていたとか。

前を通りかかると、
ちょうど扉ががらりと開いて、湯上りのおじさん登場。

『ここは松陰さんも入ったお風呂なんですよね?』との質問に
『そうだよぉ、下田はいい街でしょう?』と、
何ともいい笑顔を返してくれたのだそうです!

松陰先生の入ったお風呂か…

お手本にしたいような人がいると、よく
「爪の●でも煎じて飲め!」って言うけど、
このお風呂に入ったら、
松陰先生のような、時代の先を読んだ考えができる人になれるかも…


この温泉の向かいには、医師の村山行馬朗が住んでおり、
その好意により松陰先生は、乗り込む27日までの数日、
村山邸に身を寄せていたそうです。

松陰先生が潜んでいた村山邸がこちら!!

松陰下田1

ここは村山邸の母屋だった建物で、
松陰先生が潜んだ2階の隠れの間などが、
当時のまま保存されていました。

そして、松陰先生が使用していた
硯箱や机なども展示されています。


3月27日深夜、決意むなしく乗船を断られて
岸へ戻された松陰先生と金子重輔。

自ら自首して、
その後4月11日に江戸伝馬町の獄へ向けて送られるまでの数日を、
下田の獄で過ごします。

それが、今は廃寺となった長命寺。
中央公民館と下田市教育委員会館の前には、
その史跡が残されています。

松陰先生が下田とその近辺に滞在したのはたった1か月弱でしたが、
たくさんの資料が残されていて
本当にびっくりです!

それだけ、松陰先生の行動や考えが
人々に与えた影響は大きかったということですよね!!

そんなわけで、
ぜひぜひ一度、下田を訪れてみてください。

願わくば、黒船祭でお会いしましょう!!

スポンサーサイト
15:30  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

萩ガラスの魅力対談

2010.08.31 (Tue)

8月の最終日、いかがお過ごしですか?

長州幕末座談会実行委員会では、
この冬、『萩のモニターツアー』を計画しています。

2泊3日で、歴史と萩焼、そしてもちろん萩ガラスを、
じっくり体験していただく旅です。

詳細は追ってアップしますが、
お得で、絶対に200%満足のいくツアーにしますので、
お楽しみに!!




そしてこちらもご案内。

いよいよ来週に迫った

萩ガラス 酒器と酒と料理
地域資源としての
萩ガラスの魅力対談

本日が締切となっていますが、
まだもうちょっとお席に余裕がありますので、
ご興味のある方はぜひお申込み
お待ちしています!!

hagi_sankakusu


地域活性化の指南役・藻谷浩介氏と、
萩ガラス工房有限会社社長・藤田洪太郎氏が、
萩ガラスの誕生と復活のストーリーを語ります。

萩のお酒とおつまみ、
そして「にっぽんの…」自慢のお料理とともに、
楽しいお話をお楽しみ下さい。

◆開催日
 9月7日(火)18:00  受付
       18:30~ 開始

◆プログラム
 18:30~ 対談
      藻谷浩介氏(政策投資銀行 参事役/NPO法人ComPus 理事長)
      藤田洪太郎氏(萩ガラス工房有限会社 社長)
      *萩ガラス酒器と、萩のお酒・おつまみとともに
 20:30~ 懇親座談会
      *『にっぽんの…』自慢のお料理を囲んで…
 21:30  終了予定

◆参加費
 6,000円(お一人さま、飲み物・お料理付)

◆会場
 『にっぽんの…』
 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB1
 Tel:03-3211-3333

◆お申し込み
 8月31日(火)までに、①ご芳名 ②ご所属 ③お肩書き ④ご連絡先ご住所 ⑤お電話番号
 ⑥メールアドレス をご記入のうえ、
 下記宛てFAXかメールにてお申込下さい。

FAX:03-5786-1219
Mail:info@ha2.co.jp

◆お問合せ
 有限会社HA2 
 Tel:03-5786-1218
 Mail:info@ha2.co.jp


15:20  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

北欧・スウェーデンのガラス工房で行われる『HyttSill』

2010.10.06 (Wed)

前回ここでお知らせした
2010萩ツアー。

プログラム内容の詳細を決める作業に入っているとお伝えしましたが、
その中でメインイベントともいえるのが
萩ガラス工房での「Hyttsill」です。

Hyttsillって、いったいなんでしょう??

日本ではあまりなじみがないのですが、
夜の長い、北欧・スウェーデン南部の、
スモーランド地方のガラス工房で行われていた風習なのです。


24時間消えることのない工房の窯の火の回りで、
職人たちや隣近所の人々、
出稼ぎ労働者や旅人が集い、
窯で食べ物を焼いたりお酒を飲み、
歌い踊って北欧の長い夜を過ごすというもの。

今年の夏、スウェーデンに行ってきた
復刻・萩ガラス 長州幕末座談会企画スタッフが、
現地でHyttsillに参加してきたので、
その時の写真をご紹介しますね。

yellow_table
パーティ仕様にセッティングされた、ガラス工房。


Hyytsill_ryouri
テーブルにはお料理が用意され、皆好きなものを取ってきて食べます。


hyttsill_gaikan
窯の前で、職人さんによる宙吹きガラスの実演。


ニッケルハルパ
ステージでは、音楽の演奏が続きます。

ダンス
最後は会場の参加者も前に出て、
みんなでダンス、ダンス!!


萩ツアーでは、
ただ今、
HyttSillパーティのプログラムを企画中です。

今まであまり日本では紹介されていなかったHyttsill。

私たちオリジナルの、
楽しいプログラムをご用意しますので、
お楽しみに!!


2010萩ツアーは
以下のお電話番号・メールにて受け付けております。

■ツアー詳細のお問い合わせは…(有)HA2 まで。
℡ :03-5786ー1218 
Mail:info@ha2.co.jp

14:00  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。