SNS 萩恋う日日 萩恋う日日
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

はじめまして! 夏みかんです。

2009.10.03 (Sat)

わたくし夏みかんは、この夏、
「萩ガラス」という淡い緑色の美しいガラスを通して、
幕末に生きた、長州・萩の志士たちに出会いました。


1002diorama

中国地方の日本海に面する、
ジオラマのように美しい城下町・萩は、
150年程前、幕末維新の嵐の真っ只中にありました。


1002shoukasonjyuku1002takasugi1002kido

この小さな町から、
たくさんの熱い志を持った若者が生まれ、
そして彼らは日本を大きく変えていったのです。



1002hagimachi

萩の町を巡り、
若者たちの波乱に満ちた生涯を目の当たりにするにつけ、
彼らを生んだこの町にも、すっかり魅せられました。



そんなわたしは、いま、
「萩ガラス展」と「復刻・萩ガラス 長州幕末座談会」
準備に関わっています。

幕末の志士たちと同じ時代に生まれた「萩ガラス」は、
維新の嵐にのまれ、一旦は姿を消しましたが、
1992年、再び炎の中から蘇りました。

1002honoo


「萩ガラス展」と「復刻・萩ガラス 長州幕末座談会」
二つのイベントでは、
長州の歴史を振り返りながら、
萩ガラスの誕生と再生のストーリーをお伝えします。

座談会は、今年で2回目。
昨年の様子は、ブログ「萩ガラスが好き」からご覧いただけます。


イベント当日まであと2か月を切り、
本日ポスターとちらしの印刷があがってきました!

取り急ぎ、ちらしをアップしましたので、ご覧ください。

また、イベントの詳細はこちらから。

イベント開催まで束の間、夏みかんの日記にお付き合いくださいませ。
どうぞよろしくお願いします。




Copyright(C) HA2 All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
スポンサーサイト
18:00  |  萩恋う日日  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ミチノネ・ライブ

2009.10.06 (Tue)

イベントが近づいているので、
週末もお仕事が入る時があります。

5日の土曜日は、
何となく夏の名残りの、蒸し暑いような日でした。

この日は、夜8時から渋谷の「国境の南」というライブハウスで、
今回の萩イベントで薩摩琵琶と尺八のコラボを聞かせてくださる
後藤さん小濱さんのライブがありました。

goto obama










後藤幸浩さん         小濱明人さん

ライブハウスなんて、ここ数年行っていなかったので、
オトナな響きに、ちょっとワクワクです。

そして小さなライブハウスは、開演前に満杯に!
私は、目の前の席で、見ることができました。


michinone2

薩摩琵琶も尺八も、生演奏は初めてだったのですが、
お二人の演奏はとても激しく力強く、
人が持っている、情念のようなものが刺激される感じ。
そして、あっという間に、歴史の世界に入り込んでいくような錯覚を覚えました。

薩摩琵琶は撥(バチ)が大きく、縁をたたきながら演奏するので、
良い感じのリズムがあって、
それが今っぽくて、とてもカッコいいのです。

尺八の小濱さんの、首を大きく振って音を出す演奏にも
目が釘付けになりました。
首を振ることで、音の巾が広がるのだとか。

biwa&shaku

実はお二人にはユニット名がなく、
「ミチノネ」は、アルバムの名前なのですが、
勝手ながらわたくし、お二人のユニットのこと、
「ミチノネ」とお呼びさせていただきます。

長州幕末座談会では、この「ミチノネ」に演奏していただきます。
どんな形で登場をしていただくか、
ライブのあとに打ち合わせをしてきました。

ぜひぜひお楽しみに!!

19:18  |  萩恋う日日  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ういろう

2009.10.25 (Sun)

萩ガラス工房の社長さんから
お土産をいただきました。

ういろう。
外郎とも書きます。

名古屋が有名だけど、山口の名産品でもあります。

前務めていた会社のそばに
「豆子郎」という山口の外郎屋さんの支店があって、
お友だちへのお土産などに利用していました。

モチモチしていて、ほんのり甘くて、
夏みかんの大好きな和菓子のひとつ。

社長にいただいたのは、
uirou
「御堀堂」のもの。

黒外郎・白外郎・抹茶外郎が入っていて、
一口でパクッと食べられるお手頃サイズ。
おいしい日本茶を入れて、
ミーティングのお供となりました!!

社長、ごちそう様でした!!
11:00  |  萩恋う日日  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

世田谷松陰神社 幕末維新祭り 第1日目

2009.10.27 (Tue)

松陰先生没後150年の今年、
萩の松陰神社でも世田谷の松陰神社でも、
記念行事が行われています。

萩までは行けなかったので、
夏みかんは、世田谷の「幕末維新祭り」に遊びに行ってきましたよ!

一日目の24日は、朝10時に世田谷線松陰神社前駅に到着。

この日から、ホームにポスターの掲示をお願いしていたので、
それを確認。

24eki

確かに!!
貼ってありました!!
駅のご担当の方、ありがとうございます。

このほか、世田谷線の各駅にも貼ってありました。
ボックスにはチラシも入れてありますので、
お近くの方は見てみてくださいね!

さて、商店街を神社に向かって歩いて行くと、
そこここで、元気な街の方々に遭遇。

はっぴ姿に自転車で疾走中の、維新祭り理事の吉田さんや、
“松陰先生眼鏡クロス”販売中の美松堂のお父さん、
刀の鍔を作って売ってるお父さん…。

24katana

それにしてもやっぱり、「時代」を感じるお祭りです。
最近お仕事を通じて幕末にはまっている夏みかんは、
ワクワクしてきます。

境内に入ると、10時過ぎだというのに、
すでに焼きそばやフランクフルトのいい香りが…。

24torii

そんな屋台を横目に、
まずは松陰先生へのお参りから。

24shouin2

参道の横に、ちんまりと座っている松陰先生は、
失礼かもしれないけれど、
そのお人柄を表わすようににっこりとほほ笑んでいて、
とってもかわいいのです

そしてお社の右には、松下村塾があります。
世田谷の松下村塾はこんな感じ。
24sshoukasonjyuku

萩物産展に回ると、
お手伝い中の、萩大志館の方々にお会いしました。
若手の井関さんは、昨年の奇兵隊パレードで晋作をやった方。
そのあと、ちょっと有名になっっちゃったのだとか

物産展では、
試食、そしてそして、お酒の試飲

24yuzu24kintarou

24hagiyaki

え?朝から日本酒?

それはさすがに…
と言いつつも、元来嫌いじゃないので、
いろいろといただいてしまいました


そうこうしている間に、オープニングセレモニーが始まりました。
萩出身の河村元官房長官をはじめ
萩・世田谷の市長さん・区長さん、商工会の方などのごあいさつ。

皆さんが聞き入っている中、
ふと後ろを見ると、あらびっくり!!
奇兵隊の赤鬼(しゃっき)さんではないですか!!
記念撮影をお願いしました。

24shakki

実はこの日は、午後から墨田区役所で開催される「墨田塾」に参加することになっていました。
「長州幕末座談会」で司会をしていただく
藻谷浩介さんが講師を務めるセミナーです。

というわけで、
一坂先生の講演会もとっても聞きたかったけれど、
この日は午前中で失礼しました。

余談ですが、墨田区役所前には、勝海舟の銅像があるのです!!

松陰先生と勝海舟。
立場はちょっとだけ違うけれど、
どちらも外国にあこがれ、新しい日本を目指した人。
最後まで幕末づいた一日でした
24katsu
14:00  |  萩恋う日日  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

世田谷松陰神社 幕末維新祭り 第2日目

2009.11.03 (Tue)

午前中で早々に引き上げなければいけなかった第1日目の
夜のイベントのことを追記しておきます。

残念ながら私はうかがえなかったのですが、
「長州幕末座談会」で、尺八の演奏をしてくださる
ミチノネの小濱さんが、ジャズのライブに出演されたのです!

「SHOIN JAZZ NIGHT」というこのライブは
「HI LIGHT ALL STARS」と
「堀越彰 THE Four Elements」の2バンドが出演し、
小濱さんは、堀越彰さんと一緒に登場!

開演の直前から降り始めた雨の中、
先日の「国境の南」の時とはまた違う
黒いスーツ姿で登場した小濱さん。

obama

「神社の雰囲気に溶け込んだ素敵な演奏でした!」と、
演奏を聞きに行ったスタッフから報告がありました!


さてさて、2日目のご報告を。

この日のメインは、なんと言っても
「奇兵隊パレード」。

25kiheitai

若林町内を、松陰先生をはじめ、高杉晋作、久坂玄瑞らが、
奇兵隊の兵士とともに歩くのです。
一緒に、新撰組の人や、坂本竜馬なども歩いています。

24aidu
幕末当時は因縁の間柄だった会津藩でしたが、
今ではすっかり和解(?)して、
幕末維新祭りには、町を挙げて応援に来てくれているのです。


最後に神社に帰って、そこで松陰先生を筆頭にして決起集会(?)。

25kiheitai2

毎年、幕末に関する野外劇があるのですが、
今年は松陰先生の殉節150年ということで、
松陰先生が松下村塾を開いた当時のお話から、明治が始まる頃までの出来事を辿った
「草莽」というお芝居が上演されました。

こちらは「スプーキーズ」という演劇集団が演出・出演していました。

25shibai

そしてそのスプーキーズの役者3名による、
3役(松陰・晋作・玄瑞)の人気のすごいこと!
決起集会のあとは一転、撮影会に!

25rekijo

歴史上の人物に憧れる女性が話題になっていますが、
確かに、松陰先生も晋作も玄瑞も、
それぞれ自分の思う道をまっすぐに突き進んで行った人。
そういう男性に惹かれるのは、女性ならごく自然のことだと思うのです。



そういえば、幕末資料コーナーにあった
高杉晋作の写真。

よくみるのは右の写真ですが、
その1年前の顔が左。

えーーーーー??
1年でこんなに○×□*☆??

左の顔、絶対どこかで見たことある顔だ。
夏みかんは、かつてどこかで会ってる気がする。
なんか懐かしいと思うのは、気のせい??

「前世は武士の娘」
と言われたことのある夏みかんですが、
もしかして????

25shinsaku
16:30  |  萩恋う日日  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。