SNS 萩恋う日日 復刻・萩ガラス 長州幕末座談会 総集編
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

復刻・萩ガラス 長州幕末座談会 総集編

2009.12.03 (Thu)

こんにちは、夏みかんです

先週末、復刻・萩ガラス 長州幕末座談会が、無事終了しました。

多くの方に参加していただき、
本当にどうもありがとうございました。

楽しんでいただけたでしょうか?
スタッフ一同、この場を借りて御礼を申し上げます。


さて!
撮影を担当したカメラマンから、
画像が届きましたので、ご紹介しますね(画像多いです)

いらっしゃれなかった方も、
こちらの画像で、その場の雰囲気をお楽しみください

12032zentai2

2日目の会場は、こんな感じ。
皆さん、早めにお集り下さり、こんな感じで待っていっらっしゃいました。

スタートは、突然の尺八の演奏から。
階下から小濱さんが階段を上がって来、
後藤さんの琵琶と音色を重ねます。
そしてここから、お芝居が始まりました。

1023ozamika

1203oza

1203mikami2

1203mikaaki

虚構の劇団による、幕末長州のガラスのお話
「萩硝子物語」。
小沢道成くんが、萩ガラスの生みの親・中嶋治平&吉田松陰。
三上陽永くんが、高杉晋作・大村益次郎・周布政之助。
小野川晶ちゃんが、お芝居を導いていく役。

今年は吉田松陰先生殉節150年ということもあり、
昨年とはちょっとだけ脚本を変えて、
吉田松陰先生も登場しました。



続いて薩摩琵琶の後藤さん
&尺八の小濱さんによるユニット「ミチノネ」のご紹介。

後藤さんは、お芝居で紹介された松陰先生の句に
曲をつけて演奏してくださいました

1203gotou

1203obama

「ミチノネ」のお二人は、
会のお開きの時にもご登場いただき、
CDより「開」の演奏。
なんてグーな選択。

とっても力強く、明日への勇気をもらえるような曲です。
お二人の姿が月明かりの下のシルエットのように…

1203ongaku

そしていよいよ、試飲タイム!!

1203takasugi1203oomura1203sufu


高杉晋作グラス、大村益次郎酒盃、周布政之助ワイングラス
の3つを手にとっていただき、
お酒を試飲しながら、幕末の時代に思いを馳せます。

それぞれのお席で、
若くして攘夷に命をかけた晋作の話や、
お豆腐好きだった益次郎の話、
若い志士たちの良き理解者だった政之助の話に花が咲いていました。

高杉グラスでは、澄川酒造場のにごり酒「風雲児晋作」を、
大村酒盃では、同じく澄川酒造場の清酒「東洋美人611」、
周布ワイングラスでは、Rain on the Roofの赤ワインを、
それぞれ試飲していただきました。

そして、おつまみは…
1203jijnjya1203berago

1203kamaboko1203tanojiotsumami

萩のかまぼこ類や炙ったベラゴ(小魚)、
松陰神社商店街・小川屋さんの、紅生姜がたっぷり入ったおでん種「松陰ジンジャー」、
Rain on the Roofさんのワインに合うおつまみなど。


試飲と試食をしている間、中央ではゲストトーク。
ご案内役の藻谷さんとの、楽しいお話の掛け合いが繰り広げられました。

1203motanisumikawa
澄川酒造場の澄川社長。

1203yamada
観光カリスマの山田さん。

1203yoshida
松陰神社商店街の理事で事務長の吉田さん。

1203motanifujita
そして、萩ガラス工房の藤田社長。

藤田社長からは萩ガラスとの運命的な出会いや、
そして化学のお話も。

1203jikken

緑色の萩ガラスを透明にするための方法は、
色の3原色の理論を使って説明。
緑(鉄)の萩ガラスに、
青(コバルト)と赤(銅)の成分を加えると透明になるのですって!

1203zentai1

藤田社長はその後も、あちこちの席から出る質問に、
丁寧に答えて歩いていました。

最後に、復刻3グラスのプレゼント抽選会があり、
晋作の大ファンの方、代々のお墓が松陰神社にあるという方、
お酒が大好きな方、真っ赤なセーターが素敵な方、
昨年もいらして惜しくも外れちゃったけど今年はお父様といらした方など、
ラッキーな方が2日間で6名
おめでとうございました


こうして、2時間という短い時間は
あっという間に過ぎていきました。

1203image

以上、2日間のダイジェスト版でした!
すべての画像はここではご紹介しきれませんが、
今後も時々アップしていきますので、お楽しみに!
20:30  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hagiglass.blog76.fc2.com/tb.php/23-7aa1a7c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。