SNS 萩恋う日日 MissionⅠ 下田へGO!
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

MissionⅠ 下田へGO!

2010.04.17 (Sat)

今日は4月17日。
4月も半ば。

なのになのになのに、雪が降っています!!
もうやだ。
せっかく買った春物のブラウスが着られない(泣)。


って、そんなこと言ってる場合じゃなくて、
4月も半ばになりました。
いよいよ、2010年度の
長州・幕末座談会実行委員会が始動です!

今年もいろいろな楽しい企画を考えている実行委員会ですが、
最初のミッションは、
「下田へGO!」

突然の下田行き。
なにそれ?とお思いでしょうが、
ほら、下田といえば
松陰先生が黒船・ポーハタン号に乗り込んだところ!

そうです。
下田と萩は幕末の時代からつながりが深く、
現在では姉妹都市になっているのです。

そこで。
5月14・15・16日に開催される「黒船祭」
下田の皆さんに萩ガラスを知っていただこうというのが、
今回のミッションの内容。


しかし委員会メンバーは、
現在の下田がどのような街なのか良く知りません。

というわけで先日、
下田の視察に行ってきました。

残念ながら夏みかん
他のお仕事があって行けなかったのですが、
レポートが届いているので、
一足先にお届けしますね。

上陸3

この場所は松陰先生と金子重輔が
ポーハタン号に向けて小船を漕ぎ出した柿崎弁天島です。

夕日がとても美しい場所です。
決心を固めた二人はこの場所で、
まだ見ぬ世界への夢を膨らませていたのでしょうね。

しかしながらその夢はあっという間に破れ、
この↓岸辺に連れ戻されてしまいます。

上陸5

ここには、
こんな看板が立っていました。

松陰上陸3

連れ戻された松陰先生がしばらく過ごした場所も、
下田にはちゃんと残っていました。

長くなってきたので、
この続きは次のページで!
09:25  |  萩恋う日日  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hagiglass.blog76.fc2.com/tb.php/48-e534b2fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。