SNS 萩恋う日日 『地域資源としての萩ガラスの魅力対談』 開催決定
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

『地域資源としての萩ガラスの魅力対談』 開催決定

2010.08.03 (Tue)

毎日暑いですね

こんな暑さの中、長州幕末座談会スタッフは、
今年の萩ガラスイベントに向けて
準備を進めています。

まず一つは、
秋に予定している「萩ツアー」。
現在は“東京人”である私たちがお勧めする、
“萩”を楽しむ2泊3日のツアーを計画中です。

8月には下見に行ったり、
お店を視察したり、
打ち合わせをしたり、
いろいろと決めていく予定です。

もちろん、萩ガラス工房での体験がツアーの目玉になりますが、
それも楽しいイベントを考えています。
決定したらここで発表しますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね!!



そしてもう一つが、
萩と萩ガラスを知る対談形式のセミナーです。

前回のブログでもご紹介しましたが、
こちら詳細が決まりましたので、
アップしますね!


今回は、

“日本中のその土地土地にある豊かな自然と食の文化が、
人やまちを元気にする”
というコンセプトの『にっぽんの…』
というお店が、
“萩の地場産業としての萩ガラス”に興味を持ってくださり、
『にっぽんの…』で、
セミナーを開催することになりました。


ちょっと硬めの内容ですが、
地域活性化指南役の藻谷浩介氏と、
萩ガラス工房社長・藤田洪太郎氏の二人が
萩ガラスの誕生と復活にまつわるストーリーを語ります。


萩ガラス 酒器と酒と料理
地域資源としての
萩ガラスの魅力対談

「萩ガラス~その誕生と復活のストーリー~」

tsubaki_web

sazae_web
地元・笠山の石英玄武岩から生まれる
淡い緑色を特徴とする萩ガラスと、
時間に埋もれていた優れたものづくり技術の復活裏話を、
萩ガラスを片手に、
萩のお酒と食材を使った料理を味わいながら、
お二人の軽快なトークでお楽しみください。

◆開催日
 9月7日(火)18:00  受付
       18:30~ 開始

◆プログラム
 18:30~ 対談
      藻谷浩介氏(政策投資銀行 参事役/NPO法人ComPus 理事長)
      藤田洪太郎氏(萩ガラス工房有限会社 社長)
      *萩ガラス酒器と、萩のお酒・おつまみとともに
 20:30~ 懇親座談会
      *『にっぽんの…』自慢のお料理を囲んで…
 21:30  終了予定

◆参加費
 6,000円(お一人さま、飲み物・お料理付)

◆会場
 『にっぽんの…』
 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB1
 Tel:03-3211-3333

◆お申し込み
 8月31日(火)までに、①ご芳名 ②ご所属 ③お肩書き ④ご連絡先ご住所 ⑤お電話番号
 ⑥メールアドレス をご記入のうえ、
 下記宛てFAXかメールにてお申込下さい。

FAX:03-5786-1219
 Mail:info@ha2.co.jp

 ※なお、満員の際には、お断りさせていただくこともありますが、
  ご了承いただきますようお願い申し上げます。

◆お問合せ
 有限会社HA2 
 Tel:03-5786-1218
 Mail:info@ha2.co.jp
11:30  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hagiglass.blog76.fc2.com/tb.php/66-d0643f9b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。