SNS 萩恋う日日 ~心を満たす萩時間~ 歴史と文化を体験三昧
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

~心を満たす萩時間~ 歴史と文化を体験三昧

2010.09.24 (Fri)

こんにちは、夏みかんです。

昨日から一気に涼しくなった東京です。
やっと秋物が着れますね。


さてさて、
以前ここでお知らせした、
2010年度の、復刻・萩ガラス座談会実行委員会のメインイベント、
『2010 萩ツアー』
のほうも、内容がかたまってきました。

日程は12月3日(金)~5日(日)の
2泊3日。


今は、細かい調整を進めているところです。

今回の『2010 萩ツアー』の目玉企画は、
「五感で感じる萩」ということで、
いろいろな体験ができることです。
とーーーっても濃い内容になりそうです。

ちょっとご紹介すると…。


まずは「萩ガラス工房」で
マイ・グラスを作っていただくサンドブラスト体験。

翌日には、
『Hyttsill』というイベントで、
そのグラスを使って、
新酒蔵出しの濁り酒や、萩名産のおつまみを楽しんでいただきます。


この『Hyttsill』というイベントは、
スウェーデン南部・スモーランド地方のガラス工房で行われているもの。

工房2

北欧の長い夜、
ガラス工房の窯の火のまわりに
職人や近隣の人々、旅人などが集まって、
窯で食べ物を焼いたり、お酒を飲んだりしながら
歌い踊って過ごすというものです。

それを萩ガラス工房で再現しようという企画。

参加者の方に楽しんでいただけるように、
只今楽しいプログラムをいろいろと考えているところです。


そして二つ目は、
萩焼人間国宝・十一代三輪休雪の三輪窯にお邪魔し、
登り窯やギャラリーを見せていただいたあと、
風情のあるお茶室で
三輪和彦氏によるお点前をいただくというもの。

三輪窯B

伝統の逸品を前に、
お茶の香りを楽しみながら、
ゆったりとした贅沢なひと時を過ごしていただきます。

松下村塾2

もちろん、
高杉晋作や伊藤俊輔(博文)など、
幕末の松陰門下生になった気分で、
松陰神社・松下村塾・至誠館の
参拝や見学をしていただく時間も、
たっぷり取っています。

お値段のほうも、とーーってもリーズナブルになっているんですよ


こちらツアーの正式募集は10月中旬からになりますが、
仮申し込みは下記にて受け付けていますので、
詳細のお問い合わせ等、お待ちしています。

■ツアー詳細のお問い合わせは…(有)HA2 まで。
℡ :03-5786ー1218 
Mail:info@ha2.co.jp
09:00  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hagiglass.blog76.fc2.com/tb.php/72-6f7e37c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。