SNS 萩恋う日日 萩ガラス
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

三志士が使っていたグラス ~周布政之助ワイングラス~

2010.03.03 (Wed)

萩ガラスというのは、歴史と稀有な特徴のある、個性的なガラスです。

この萩ガラスをご紹介する第3回目
第1回目2回目はこちらから)。

今回は、三志士愛用のグラスのうち、
周布政之助ワイングラスについてご紹介します。

◆周布政之助ワイングラス

sufu3 周布政之助については、
あまり知らない方が多いかもしれません。
藩校明倫館で学び、実直な人柄で人望を集め、
長州藩の財政再建や軍政改革、
殖産興業などの藩政改革に尽力した人。

1823年生まれなので、1839年生まれの晋作よりも上の世代です。

尊王攘夷に向かう長州の若者たちの
はやる気持ちをある時はなだめ、ある時は匿い、ある時は応援するなど、
面倒をよく見てあげていた人です。

吉田松陰が幕府から罪に問われて長州に戻されたときには庇護し、
彼が弟子を集めて松下村塾で教育するのを許し、
井上聞多(馨)や伊藤俊輔(博文)をはじめとする長州ファイブを海外に送り、
高杉晋作を上海に送って現地を直に見せたことなど、
とても要職にあった人間がやることとは思えない事を成し遂げています。

一方では無類の酒好きで、
お酒にまつわる失敗談は尽きなかったとも言われています。

政之助の次男・公平氏が保管していた
遺品のグラスにはワインの澱が残っており、
政之助はこのグラスでワインを飲んでいたことがうかがい知れます。

そのグラスを復刻させたのが、こちら

sufu_glass2


sufu_kakejiku桂小五郎からは、
「君子はしっかりと天地を見定めるが、
酔眼のごとき小人はそれもできませんよ」(意訳)
という色紙を贈られ、
酒癖の悪さをやさしく諫められています。


現代風に言えば中間管理職の立場。
上からの圧力と、部下たちのハチャメチャぶりの間で、
酒でも飲まなきゃやってられない気持ちだったのかもしれません。

政之助は、あの当時ワインをたしなんだ様に、
自由な考え方を好み、新しいことに挑戦し続けた人物なのです。

11:30  |  萩ガラス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

母の日Gift Set

2010.04.07 (Wed)

今朝は入学式の学校が多かったのか、
電車の中は、新しい制服の中高生と、
きれいな色のスーツを着たママがたくさんいました。

子どもたちの新しい門出をしっかりとその目で見たい。

どこのママたちもきっとそう思いながら、
この日を迎えたのでしょうね。
素敵な一日になるといいなぁと、夏みかんは思いました



さて、ご覧頂いた方もいると思いますが、
こちらのページの左のバナーから飛んでいる
「~萩ガラスのショッピングページ~ HA2セレクション」では、
いつも家族のことを思っているお母さんたちに向けて、
(夏みかんだってそうですけど
母の日のGift Setをご提案しています。


今年は、HA2セレクションの中から、
「椿油瓶と笠山の椿油セット」、
「醤油さしと萩のお醤油セット」、
そしてその他の商品をご希望の方には
「母の日オリジナルラッピング」の、3つのご提案です。

というわけで、先日、
「醤油さし&お醤油セット」用“お醤油”の試食会をしました。

このお醤油さしは、
萩ガラス工房の技術を駆使して作られた
“後もれしない醤油さし”として、
とても人気の商品です。

本体とふたのすり合わせ部分にその技術が生かされていて、
お醤油を注いだ分だけ体積が減って気圧が下がるので、
中に残った醤油は自らの力で瓶の中に戻ろうとするため、
後もれしないのです。

実際にスタッフも使っていて、後もれしないことは実証済み。
ぜひ、たくさんのお母さんに使っていただきたい、
という強い思いがあって、今回のGift Setを考えました。

さて、では、このお醤油さしに入れる
お醤油はどんなものがいいかしら??

ネットでいろいろ調べ、
萩の方々に口コミをいただき、
そして選ばれた3点をお取り寄せして、
先日事務所で試食会を開きました!!

100407試食2

せっかくおいしいお醤油を選ぶのだから、
つける食材もおいしいものを!と、社長が買ってきてくれたのは
表参道・紀ノ国屋のお刺身盛り合わせとおぼろ豆腐。

さっそく夕方から酒盛り…、じゃない、
試食会が始まりました!!

そして決定したのが、じゃーん!
岡田味噌醤油の「醤々」!!

100407shaushau

萩のお醤油は、全国的にみて
「超甘口」だそうです。
確かに、試食したどのお醤油も
いつも使っているものよりとろっとしていて甘みがありました。

この「醤々」も、二度仕込みした再仕込醤油(甘露醤油)。
仕込原料は山口県産のものを使い、
特に大豆は阿武・萩産のものを100%使用しているという、
地元素材にこだわったお醤油。

「三年以上に及ぶ発酵、熟成期間を経て培われた、
濃厚かつ自然な味わいは、新鮮な魚介類の味を引き立て、
かけしょうゆ(刺身しょうゆ)として最適です」
とあるとおり、
お刺身がとってもとってもおいしく感じました。

あーーーが飲みたい…。
じゃなかったらが食べたい…。

しかしながら、これはお仕事。
お茶を飲みながら、お刺身とお豆腐をいただきました。

ぜひぜひ、皆さんにも、
この醤油さしとお醤油セット、
使っていただきたいです~

shouyusashi_dai

こんな感じのオリジナルラッピングになります。

shouyu_lapping



12:00  |  萩ガラス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

MissionⅠその3 下田にあった10面カットグラス

2010.04.27 (Tue)

復刻萩ガラス座談会企画スタッフは
5月14日からの下田「黒船祭」行きに向けて、
着々と準備を進めています。

萩と
世田谷と
下田とをつなぐ。

中心にいるのは、
松陰先生。

松陰先生が日本各地を旅して見聞を広め、
人脈をつないだように、
私たちスタッフもそれぞれの街を見て、
その街の人たちとふれあい、
それぞれの街の素敵なところを
たくさん紹介していければいいなと思っています。

今回は下田。

当日は下田中央商店街にブースをお借りすることができました。
世田谷・松陰神社通り商店街のおみやげや、
世田谷線グッズ、
萩の特産品、もちろん萩ガラスも見ていただきます。

お店の名前は
「萩・世田谷の市」。

GW明けのイベントですが、
お時間のある方は、下田に遊びにいらしてください!!

ここじゃ書けないけど
すご~いサプライズもご用意しています



ところで、
萩ガラスの藤田社長に
「下田に行ったら、ぜひ開国博物館を見てきなさい」
と言いたものがあります。

それは、
10面カットのグラス。

開国博物館

このグラスは、安政元年(1854年)に下田で交わされた
日露和親条約の調印の際、
プチャーチンとの交渉を担当した川路聖謨(としあきら)の人柄に
惚れこんだプチャーチンが、
川路と妻、孫の3人に贈ったものとか。

あ~!!晋作のグラスに形が似ている!

萩の切り子グラスの大きな特徴のひとつ、
10面カット。

これは当時ヨーロッパでのはやりのデザインで、
萩の化学者・中嶋治平は、
いち早くそのデザインを取り入れていたのです。

この写真を見て、
ますます下田と萩が近づいたと感じている
夏みかんです。

12:30  |  萩ガラス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

MissionⅠその4 世田谷・松陰神社通り商店街

2010.05.05 (Wed)

GWはいかがお過ごしですか?

夏みかんのGWは、
小夏の引退試合の応援と、
shugou2

残念ながら最終成績で決勝リーグに上がれず
涙の引退となった小夏を盛り上げるため(???)、
お買い物に付き合わされて終わりました。

いや、良いんだけど。
まったくOKなんだけど。

あっという間でした


そしてGWが終わったら、
いよいよ下田「黒船祭」行きの最終準備です。

今回下田に集まるものは
萩のうまいもの
萩ガラス
世田谷線グッズ
東急線グッズ
伊豆急行グッズ

そして、
世田谷・松陰神社通り商店街のおみやげ
などなどです。

松陰神社通り商店街は、
松陰先生の遺骨が眠る松陰神社の参道沿いの商店街。

昨年の10月、松陰神社通り商店街が主催している
「幕末維新祭り」に遊びに行った、
復刻萩ガラス座談会実行委員会のスタッフ。
そのときの模様は
こちらと、こちらでもご報告していますが、

その後「復刻萩ガラス長州幕末座談会」で、
松陰神社通り商店街からの
お菓子やおつまみをお出ししました。
その模様はこちらと、こちら

今回は、私たちスタッフが
松陰先生銘柄のお菓子

okashi2


左上から
オカムラベーカリーさんの「松陰の杜」
ニコラス精養堂さんの「松陰饅頭」
青柳菓子舗さんの「松陰の月」

と、

松陰先生銘柄のお酒

seishu2

beer2

三理酒店さんの
「清酒 松陰」
「松陰ビール」

などを持って、下田に行ってきます!!



しかし、暑そうだ…。

それだけがちょっと心配…。


19:30  |  萩ガラス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

いよいよ黒船に向かってGO!

2010.05.13 (Thu)

もうこんな時間…

明日、いよいよ黒船祭に出発です。

ただいま、事務所は大変なことに…。
あす朝発送する荷物で足の踏み場がありません。

しかし、お天気は良さそう!!

世田谷線の三軒茶屋駅には、
黒船祭のポスターも貼っていただきました。

黒船ポスター

そして、
萩の観光協会の方々、
萩大志館の方々、
松陰神社松栄会商店街の方々、
萩ガラスの藤田社長らが、
下田まで来てくださることになりました。

そして地元・下田では
市役所の方々、観光協会の方々、伊豆急の方々、
私たちスタッフの友人・知人等、
そのほか、たくさんの方にお世話になっています。

たくさんの人が、
つながってゆきます。

3月の末に突然、
「そうだ、下田に行こう
と決めてから
あっという間に、ここまでこぎつけました。

これもひとえに、
たくさんの方々のご理解と、
ご協力あってのことです。

ただただ、うれしいです。

そして楽しみです!
お時間のある方、ぜひ遊びにいたらして下さい。

下に、今回のチラシ(表裏)を貼っておきます。
「萩・世田谷の市」を目指してくださいね。

それでは、
いざ、下田へ!

かわら版

黒船告知


21:00  |  萩ガラス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。